Denture
義歯治療


ぴったりフィットした義歯で
食事を楽しむ


img
義歯は決して見た目だけのためのものではありません。
せっかく義歯を入れても、かみ合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。
また、義歯がフィットせず、入れ歯がすぐ取れてしまったり、歯茎が痛いなどさまざまです。
当院では、見た目はもちろん咬む機能(咬合)を重視し、あくまでも咬む機能を回復するための義歯を提供できるよう力を注いでおります。


義歯の種類


 ■総入れ歯 (総義歯)
大部分の歯が失われた場合に用いるタイプです。
総入れ歯は吸盤のように口の中で密着します。
「総入れ歯には違和感がある」というイメージをお持ちの方もいますが、現在の総入れ歯は大変精巧になっていて違和感なく噛むことができ、食事も問題なく楽しむことが出来ます。
img

 ■部分入れ歯 (部分義歯)
失われた歯の周囲に支えとなる歯がない場合や、ブリッジ治療を避けたい場合に用います。
上下ともに健全な状態の歯が一本でも残っていることが条件となります。
取り外し式の部分入れ歯を歯肉の上に直接置き、周囲の歯にクラスプ(金属のバネ)で固定して噛めるようにします。
img


義歯の素材


【保険適応】レジン床義歯 (総義歯)
保険で適応できる総義歯です。
材質がプラスチックなので分厚くなり、快適さが損なわれる他、口の中で熱が伝わりにくくなるなど、機能的にも見た目的にも限界がありますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。
また、修正が簡単にできるので、歯を抜いて間もなく歯ぐきの状態が安定していない場合などはレジン床の利点が生かされる場合もあります。

img


【保険適応外】ノンクラスプデンチャー(バルプラスト)
ノンクラスプデンチャー(バルプラスト)は、金属製のクラスプを使用しない義歯です。
装着すると周りの歯となじんで目立たなくなるため、高い審美性を求める患者様にお勧めです。
義歯床を薄く製作できるという特徴があり、発音や咀嚼などが楽になります。
金属アレルギーの心配もなく、破折に強く弾力性がある素材のため薄く仕上げることができ、お口の中が快適です。

img


▲ページTOP

© 2015 KATOU DENTAL CLINIC